公的年金の概略と全体像

年金制度に関して、多くの人が年金とひとくくりにしている事が多いですが、年金の種類や特徴を明確に知っておきましょう。まず20歳以上60歳未満の日本国民すべての人が年金に加入する事を国民皆年金と呼びます。しかし年金といっても職業等の条件によって変わって来ますので、その点をご説明いたします。
まず、年金制度には公的年金と私的年金の大きく分けて二つの制度が存在しており、公的機関による年金制度も大きく分けて二つに別れます。まず、20歳以上60歳未満の国国民が加入すべき年金が国民年金となります。これは日本の年金制度の基礎となる制度ですので、すべての人に当てはまる制度となります。そして会社員やサラリーマン等、公務員等が上乗せで加入すべき年金制度が厚生年金保険になります。国民年金と合わせて加入する事になる保険となりますので、第2号被保険者と呼ばれる会社員や公務員は二つの年金保険に加入する事となります。ここまでが国の公的機関による年金制度となりますが、第3号被保険者と呼ばれる第2号被保険者の被扶養配偶者の人達も保険に加入する事となります。
この様に年金と言っても様々種類がありますので、自分が当てはまる年金に関しては最低限の知識を持って将来に備える様にしましょう。